Page: 2/77  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
魔法の葉っぱ


キナーレで行われた刺繍のワークショップ、
お手伝いさせていただく予定が、
ちゃっかり参加させてもらっちゃいました。



無心に針を動かして、時々お喋りもして。
お誘いした友達が写真も撮ってくれました。
楽しんでくれたみたいで良かった。

講師はSINA SUIENというブランドで洋服を作っている有本ゆみこさん。
華奢で可愛らしい雰囲気そのもののような、
だけど力強さも感じられる素敵な作品を生み出す人。

ファッションデザイナーさんとお話できるって、なかなかないこと。
いろいろ気になるけど、聴きすぎても悪いかなって遠慮しちゃった。
もっとたくさん話したかったけど、
また、ご縁があったらだなぁ。


すっかり冬空のよう。


編み物がひと段落したところで、
こんどは刺繍にハマりそう。

ずっとやりたかったけど苦手意識があって、
でもやってみたら意外としっくりきている。
上手いか下手かは別にして、楽しい。


魔法の葉っぱ、あと何枚作ろうか?
| miel | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
紅葉いろいろ
髪を切りに湯沢へ。


何ヶ月ぶりかの美容院...
すっきり、さっぱりしました。


先日いちど雪が降ったあとですが、
まだまだ、というか、いっそう紅葉が美しくなっています。





早い初雪だった気がするけれど、
まだ葉っぱが落ちてないってことは、
積もるのは遅いかもしれないとのこと。
自然のことは毎年、わからないね。




久しぶりに野の花館にもおじゃましてきました。
冬はまたこの道を通うつもりです。
| miel | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ノスタルジーとファンタジーとグロテスク

曇り予報の月曜日、ギリギリに起きて、
片道3時間半の旅に出発。


久しぶりに長野へ。
久しぶりの高速道路はドキドキ。
のろのろ運転、思ったより時間がかかったので、
着いたらまずはお昼ごはん。


諏訪湖のほとりに立つ、「くらすわ」のレストラン。

生産者の見える野菜のサラダバーがうれしい。
長野だから、りんごドレッシングに、
ドリンクもりんごジュースで。
パンもあるから、これだけでも満足できそう。


メインの肉&魚のワンプレートで、おなかいっぱい!


「くらすわ」3階は屋上展望台になっていて、諏訪湖が一望できます。
1階にはお土産が充実。
養命酒の工場が近いらしく、薬膳や薬酒がいろいろ。
月末の女子会用に、ちょっと変わったお酒を買ってきてみました。


未だにあるんだなぁ、こういう遊覧船。まつ毛がすごい...


お洒落な建物の向かいには、懐かしいようなシュールな世界。

せっかくだから、湖をぐるり一周するルートで目的地へ。


意外と街なかにあった、イルフ童画館。
いつもおもしろそうな企画展のチラシを見かけていながら、
遠いから二の足を踏んでた。
この日は展示の最終日、奇跡的に友達と休みが合って、やっと来れました。




童画館のある岡谷市生まれの武井武雄の世界と、
「石黒亜矢子・ヒグチユウコ 二人展〜異界への誘い」
絵本的な絵の世界は本当におもしろい!

同じ絵本という表現手段でありながら

かたやノスタルジック、
かたやファンタジーかつグロテスク、 それぞれの個性が際立っているから、
三者三様の楽しみ方を一気に味わえて、すごく得した気分でした。

次回の柳原良平展も気になるところです。


大きなこんぺいとうのオブジェ!
「イルフ」とは「古い」の逆さから読んだ造語、
ということにびっくり。

ユーモアたっぷり、郷土玩具にも造詣が深く、
子どもの本のことを真剣に考えていたという、
「ラムラム王」こと武井武雄のこともいろいろ調べてみよう。
| miel | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
編みもの熱ふたたび


雪がもうそこまで。
お昼頃、一瞬あられが降った。

風邪をぶりかえし、おとなしくしてなきゃいけないせいもあり、
久しぶりにハマっているものがあります。



一年おきにやってくる編みもの熱...
確かこれを編みはじめたのは2年前。
その前に帽子を編んで勢いづいて挑んだものの、
春までに出来上がる気配なく、中段してた。
今度こそ完成しそう。


終わったら、手袋を編みたいなぁ。
| miel | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
38.1°C
今年は里の紅葉がきれいだなと思う。
高い山に登れなかった言い訳かな。



風邪をひいた。
ウイルスが蔓延してたであろう場所からどうして来るかな、

ほんの10分ほど同席した人が運んだ菌のせいに違いない。
翌朝から喉の痛み。


人のことは言えず、私もそのまま仕事に行ってたんだけど。

咳も出ないし、頭が多少ぼーっとするけど、
余計なことを考えないから仕事ははかどる。(ような気がした)


でも翌日は休みという昨日の夜、いよいよ寒気と頭痛がひどくなる。
昔から病院も薬も嫌いで自然に治るのを待つ派ですが、
不健康甚だしい最近それもどうなのかと思い、
少し前に買った本をひっぱり出してきました。


読んだところで理解できるのはほんの少しで、
とりあえずできるのは、足湯と水分を取ることくらい。
とりあえず足湯をすると、寒気が収まり身体が内から温まった。

早く布団に入るに限る、とそうしたのが7時くらい。
熱を測ってみると、38.1°Cもあった。
平熱が36°C台前半なもので、そりゃ朦朧ともしてくる。
そこからがつらかった。寒気が戻ってきて全身が痛い、
さんざん苦しんでいつの間にか眠ってたのか、
喉が渇いて意識が戻る。
時計をみるとまだ8時すぎ。
熱は下がってないけど、今度は暑くてたまらない。
そんな感じで一晩風邪と闘って、
朝になったら36.5°Cに落ち着いていました。

今日は安静に過ごす日。

野口説によると、風邪をひいたら脱皮するチャンス。
上手く経過することができれば、
風邪と一緒にいろんな不調を手放せるのだとか。

さぁ本の続きを読もうかな。
| miel | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode