スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
葡萄畑にて


ワイン用の葡萄をつくっている叔父の葡萄畑。
収穫を手伝うのは何年ぶりだろう?

< img src="http://img-cdn.jg.jugem.jp/d64/1379469/20161016_2222616.jpg" width="320" height="320" alt="" class="pict">
初秋の長雨のせいか、
水分を含んで粒が大きくなってしまったみたい?
今年のワインの出来はどうなるかなぁ。
って毎年ちゃんと確かめてるわけでもなく。

翌日は手伝えないけれど、
2日間で収穫が終わるように
余計なこと考えず粛々と作業を進めたい、
ところだけど、黙々とやりながら、
頭の中ではやっぱり
いろんな考えが浮かんできてしまう。

叔父夫婦の心遣いに感謝したり、
反面、他人のちょっとした行動や言動に
批判的になりがちだったり、
そんな自分をまた責めてしまったり。

そんなのは経過や結果にすぎず、
ここにこうしていられること、
葡萄がここまで立派に育ったことを
嬉しく思ったり感謝できればいい。

物事が続かなかったり成長できてない
自分を責め続けています。
着実に積み上げていっている
他人を羨ましく思ったりしています。
そうじゃなくって
自分は自分でしかなくて、
他人にどう思われようと何を言われようと
ぶれない心があればいい。

なんでもできなきゃいけないの?
目的がなきゃいけないの?
それがわからなくて不安でいっぱい。

いつまでそんなこと言ってるの?
でもそれって誰が決めること?
自問自答の繰り返し。


夕方5時に本日の作業は終了。
半分は終わったから、
明日無事にぜんぶ収穫できるといいね。




秋も半ば、日が短くなってきました。
| miel | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:12 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode