スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
冬の終わりのスノーシュー〜飯綱山
よく行く坂戸山の向かいにある、いわば六日町の裏山、飯綱山(いいつなやま)へ。

ついにスノーシューを買って、はじめてのmyスノーシュートレッキング!!
男性陣は、かんじきです。
雪も少なくなった晴れの日曜日の朝、先客の足あとは長靴でした。

友人にガイドを頼んで、私は飯綱山は初めて歩きます。
「古墳群」の看板。図の右側の大きな赤丸、「大塚」方面へ入っていきます。


手前の坂が大塚の一部。雪が溶けるとどうなってるのか?どういう風につくったのか?
なんでこんなところにあるのか??そんな疑問はこのときまだ浮かんでこなかったのだけど、
土地の歴史にも詳しい仲間と歩いたのが幸い、休憩の時ひとしきり話を聞くことができました。


ブナ林を抜けて...先客の足あとがここにも。


住民の足跡もありました。


声は聞こえど姿は見えず...


尾根に出ると、八箇峠へ続く道と、向こうにスキー場も見えました。


尾根の途中、木々のあいだから坂戸山と八海山を眺めながら休憩です。
友人は、ビールを持参。さすが...



途中はすっかり雪のない場所も。

新しいスノーシューがなんだか切なげに見えました...



林道らしきところに入ると、目の前に八海山!


スナイパーを狙い撃ち。


神社の跡を経由して、3時間のスノーシュートレッキングのゴールはもうすぐ。


冬の終わりは、春のはじまりでした。
| miel | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:00 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode