スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
ある一日  含む・トリエンナーレ2012めぐり〜その2

縁あって、2日前に急遽申し込んだのは、
Barbar Princeさんでの「シロー・アヴィヤンガ」。

初体験のアーユルヴェーダのヘッドマッサージ。
アロマエッセンスの好みとアンケートから、ドーシャと呼ばれる3つの体質のうち、
自分がどれかを探ってから、体質にあったオイルでマッサージをします。
また、ドーシャによってどういう症状がでやすいか教えてくれたり、
奥の深いアーユルヴェーダの世界をちょっとのぞき見ることができます。
担当のAyakoさんに、美しい見た目からは想像できない、驚くほどの力を込めて、
凝りに凝った頭をほぐしてもらいました。
終わったらゆっくり休んで、が正しい受け方ですが、そのまま十日町へ。

キナーレにて。

No Man's Land は、音が加わっていっそう異様な雰囲気に…
建物2階部分は、里山現代美術館。
あっと驚いたり身近なものもありつつ、現代美術ってやっぱり少し、落ち着かず。

最後に入った作品が素敵でした。
日用品や昔の機織り道具などが並べられた空間を、
ライトをつけたちいさな電車がゆっくりと走っていくと、
まるでうつりかわる風景のように、影が壁に映し出されます。

眠気と闘いながらも、せっかく山を越えてきたのでもう少し巡りたい…
ずっと気になっていたのに、やっと行ってきました、うぶすなの家。


じゃっかん駆け足、さらに道を進み「胞衣-みしゃぐち」。

もっとのんびりしていたかったけど、夕暮れせまる頃、ブヨの襲来に遭う…

よくばりコース、「Soil museumもぐらの館」も行っちゃえ。


学校がまるごと美術館に。こどもに戻って裸足で行こうとしたけど、
スリッパを履かなきゃいけない理由があるのです…

薄暗い校内。もぐらの気分。

教室そのままな部屋もある。まだまだ使えそうなのに、
こどもがいなくなっちゃったら学校でなくなってしまう。

それがこうして美術館に生まれ変わる…これはこれでまた、楽しいことではある。


のんびりいつまでもこんな風景を眺めていたいという気持ちだってある。


バタフライ・パヴィリオン(Papillon-Pavion。なるほど。)
では、おもしろい写真が撮れたことにちょっとニンマリ。

あいかわらず、思考がぐるぐる。もう少し、自分を大事にしようと思いつつ…

やっぱり、人に助けてもらっているんだなぁ。

そんなお誕生日でした。

| miel | 23:00 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:00 | - | - | pookmark |
Comment
わお!お誕生日おめでとう(^O^)
Posted by: mimimoka |at: 2012/08/29 12:16 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode