スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
八海醸造見学ツアー
4月8日の日曜日。


米づくりデビューに向けてがんばる友人から誘ってもらい、
さらに数名に声をかけて、八海醸造第二浩和蔵の見学へ。
 

3階建ての建物の最上階へ、エレベーターで一気に!


ツアーのはじめは、DVD鑑賞。


八海山についての知識をちょっと頭に入れたらば次の部屋へ。

きちんと並んだ長靴は蔵人さん用。
見学者は、ガラス越しに作業風景を見させてもらいます。


今日のために、とプリントを用意してくださったけれど、
お話だけでもじゅうぶんわかりやすい。
というか、たくさん複雑な過程を経て作られるので、
プリント見ながら、聞きながら、はけっこう大変。
説明してくれた方も、「プリントいらなかったかもなぁ」と。
いや、あとで役立つだろう、と思っていたのだけど今は手元になく、
説明不足とまちがいがあってもご容赦ください。


原料となるお米のサンプル。比較用に、「酒米」と「一般米」、玄米と精米したものが並んでいます。
透明でない白い部分が多いものが酒米に適した品種だそうです。
白い部分はいわば多孔質になってて、麹ががしっとくっつきやすく、育ちやすいんだそうな。

そして、お酒を造るのに使う米は、「磨く」ことで雑味を含んだ部分を削り落とします。

写真上の米ぬか、左から、玄米から白米にする通常の精米で出る茶色いもの。
そこからさらに磨いて、出てくるのは、ぬかではなく米粉みたいなもんですよね。
お酒の種類によって30〜50%「磨き」度合を変えていきます。

写真の下、黒っぽい「こうじの種」から白い「米こうじ」ができるなんてなんだか不思議。


磨きがかかって真ん丸に近くなったお米は、蒸して広げて水分を飛ばします。


朝から数時間、10分ごとに人の手で返します。



蒸したお米の試食。表面はパラリ、噛むともっちり美味しい。


ほどよい水分量になって麹菌をふりかけられたお米は次の部屋へ。
3つのベッドは、三段仕込みのそれぞれの過程。
敷き詰められるお米の厚さ・温度・湿度等も変わってきます。

と、醸造行程はまだ途中ですが、ここで試飲!

しぼりたて無添加非加熱の原酒は、おいしいに決まってる。
普通酒と本醸造と、飲み比べないと味の違いはわからない私ですが、
それでも新鮮な感じとか香りの良さとか、これを味わったら売ってるお酒が飲めなくなるなぁ。
いやいや、販売に至るには、均一で安心安全な品質のものを作らなきゃいけないから、
このままでは売れないということもよくわかりました。

階段で1フロア下におりると、醸造用タンク、の口が並ぶ、広ーい部屋。

昔の蔵のイメージは、タンクやら巨大な桶だか甕が並んで、そこにはしごをかけて作業してる
というものだったけど、そうかー、床を口の部分に持ってきたらそれは便利だ。
ここには30数個のタンクがあって、一つ一つの量は30l(違ったらごめんなさい)とけして多くない。
それがお酒の様子がわかっておいしくできる限界の量なんだとか。
近代的な設備であっても、お米と菌が作り出すお酒はいわば生き物、
目で見たり、においで判断したり、人の手による管理も欠かせない。

昔ながらの知恵と経験、そして新しい技術が融合して、作られ続けているんだなぁ。


階段の踊り場から見えた圧搾機は、うっかり素通りしそうに…
八海山の酒粕の量は多いと言いますが、雑味やらを含む酒粕を多く取り除くことで、
お酒はすっきりした味わいになるそうな。

さて、第二浩和蔵は最上階からフロアを下りるごとに醸造過程が進んでいきます。
というわけで、1階に戻って見学ツアーも終了。
さらに八蔵へ行き、商品の試飲をして、解散。ありがとうございました。

まだ雪がたくさん残っているけど、春の景色も。


緑の中を散歩するのが待ち遠しいなぁ。

お昼はお蕎麦。長森ぶっかけそば。

蕎麦が見えないくらい、春の味覚の具だくさん。



すてきなものを八蔵のお土産コーナーで見つけました。今度おつかいものにしよう。


その後立ち寄った車屋で見つけたもの。ほんのり塩味ココナッツ風味?
話のネタに、と購入。その夜のMAP会議に持ち込みました。
みんなで飲めば、こわくない!?


見学ツアーの後の、和む風景。

5月下旬の田植えツアーも、ご参加お待ちしています。
| miel | 14:30 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:30 | - | - | pookmark |
Comment
プライベーツなのかパブリックなことなのか区別がつかなくなってきてるけどねー…
楽しけりゃなんでも!
Posted by: miel |at: 2012/04/17 11:18 PM
楽しんでるね〜。
おいらも何十年ぶりかで充実したプライベーツを過ごしているような気がします。
俺、今こそリア充!!w
Posted by: 知 |at: 2012/04/16 3:24 PM








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Bookshelf

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode